ebatomの画像掲示板
パスワードはebatomです。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 「隠れた重要文化財」1 ebatom  2019年5月14日(火) 12:11
修正
「隠れた重要文化財」1

都区内にある建造物の最重要文化財といえば、
赤坂迎賓館や東京駅舎、法務省赤レンガ棟、岩崎庭園などがすぐに思い浮かぶだろう。
有名建築家による、希少な建築資材をふんだんに使った、豪華絢爛な巨大建造物だ。
まるで権威の象徴かのように近寄り難く、威厳に満ちた佇まいを見せている。

その一方で、市井の人々の暮らしの中にひっそりと息づく、等身大の文化財がある。
実際に触れることができ、腰を下ろすこともできるが、歴史的学術的に価値は高い。
今回はそんな庶民レベルの目線から見た、
あまり知られていない小品を探してみた。
自選文化財、3週に渡ってごアップします。

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:12 修正
01

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:12 修正
東京大学「東京帝国大学医学部附属医院急病者受付所」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:12 修正
02

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:13 修正
本郷「さかえビル」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:13 修正
03

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:13 修正
銀座「泰明小学校」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:14 修正
04

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:14 修正
高田馬場「武井日本館」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:14 修正
05

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:15 修正
神宮外苑「明治神宮野球場」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:15 修正
06

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:16 修正
千駄ヶ谷鳩森八幡神社「富士塚」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:16 修正
07

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:16 修正
駒場公園「門衛室」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:17 修正
08

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:17 修正
水道橋元町公園「滑り台と砂場」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:18 修正
09

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:18 修正
青山霊園「外国人墓地」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:18 修正
10

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:18 修正
カトリック関口教会「ルルド」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:19 修正
11

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:19 修正
日比谷公園「鶴の噴水」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:19 修正
12

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:20 修正
桜新町「駒沢給水所排水塔」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:20 修正
13

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:20 修正
靖国神社「高燈篭」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:21 修正
14

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:21 修正
神田秋葉原駅間「高架下」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:21 修正
15

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:22 修正
「旧厩橋交番」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:22 修正
16

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:22 修正
学習院大学「厩舎」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:22 修正
17

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:23 修正
「上野動物公園旧正門」

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:23 修正
18

  ebatom  2019年5月14日(火) 12:24 修正
国会議事堂前庭「日本水準原点標庫」

  LMY  2019年5月15日(水) 13:10 修正
こうやってまとめてみると東京にもまだ面白い建物がたくさん残っていますね。水道橋元町公園「滑り台と砂場]と神田秋葉原駅間「高架下」が好みです。
普段あまり出かけない私にとって一気にたくさんの場所が見れるから実にありがたいシリーズです。次週も楽しみにしてます。(でもそのうち自分で行かなくては)

  ebatom  2019年5月19日(日) 8:41 修正
LMY様:お早うございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうやってまとめてみると東京にもまだ面白い建物がたくさん残っていますね。水道橋元町公園「滑り台と砂場]と神田秋葉原駅間「高架下」が好みです。
普段あまり出かけない私にとって一気にたくさんの場所が見れるから実にありがたいシリーズです。次週も楽しみにしてます。(でもそのうち自分で行かなくては)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
水道橋元町公園:ここは訪れる人も少なく、広くもないのですが、文化財として見どころは多いです。
神田秋葉原駅間「高架下」:東京の山手線高架下、ガード下は戦前の風景が残っていましたが、ここのところ急速に改修されてしまいました。少し遅かったです。




 「カメラを奪った老婆」 ebatom  2019年5月5日(日) 16:00
修正
「カメラを奪った老婆」

僕は今までの人生で一度だけ、奇妙な体験をしたことがある。
もう余生を送る身だから、心の断捨離、身辺整理をする意味で、
この事件を解明しておきたい心境になった。

それは2010年11月18日、午後3時頃、友人と二人で秩父山中、秩父札所巡礼、
第二十五番札所 岩谷山、久昌寺観音堂境内脇の「脱依婆小堂」で起きた。

既に何人かの知人には話しているが、撮影中に何者かにカメラを叩き落された件だ。
僕は科学的に証明できる事象しか信じない主義だ。
こんな忌々しい現象は起きなかったことにして、早く脳裏から消し去りたいのだが、
今回は目撃者(同行者)がいたことで、事実を認める以外なかった。

事件は小堂の格子戸越しに、中の木彫りの三途婆像を撮影しようとして起きた。
一眼レフではレンズ口径が大きいため、
サブのコンパクトカメラで撮ろうとした瞬間、堂内の床に落としてしまった。
落下させたというより、吸い込まれていった、という表現が近いかも知れない。
何故ならカメラは狭い格子窓を潜り抜け、
脱依婆の足元まで1.5mほど飛ばされて行ったからだ。
「今、どうしたの?」と後方で相棒が気が付いた。
“ゴトン”とカメラが飛ばされる音を聞いたのだろう。
「カメラを中に落っことしちゃった・・・」
観音扉は施錠されていたが、下の方をこじ開けて隙間を作り、
木の枝を差し入れてカメラを回収した。

そもそも格子窓からカメラを入れるには、
知恵の輪のように、ひねりながら押し込むしかない。
それが一瞬にして、どうやって堂内に入ってしまったのか・・・
心霊現象など全く信じたくない僕には、どうしてもその事実が受け入れ難く、
先日、10年振りに再び現地に赴いて検証してきた。

この類の逸話は時が経つと、必ず尾ひれがついて誇張されていく。
それを食い止めるべく、正確に記録して置きたいと思う。

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:01 修正
01

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:01 修正
埼玉県秩父市久那2315 久昌寺本堂と境内の池

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:02 修正
02

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:02 修正
こちらが久昌寺観音堂、左側に見えるのが「脱依婆小堂」

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:03 修正
03

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:03 修正
04

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:04 修正
一眼レフではこのように天地左右がケラれる。
記憶違いで、像までの距離は少し短く、1m強ほどだった。

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:05 修正
05

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:05 修正
このような感じで中に入ったのだろうか。
(同一カメラで当時は沈胴レンズも繰り出ていたはず)

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:06 修正
06

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:06 修正
格子扉は、現在も厳重に鍵がかかっている。

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:06 修正
07

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:07 修正
このような木の枝でストラップに引っ掛けて、手繰り寄せた。

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:07 修正
08

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:08 修正
この観音扉の下から無理やりカメラを引き出したのだが、
現在扉は何故かびくとも動かない。

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:08 修正
09

  ebatom  2019年5月5日(日) 16:09 修正
コンパクトカメラならこのように撮れる。これは回収後に本機で撮影したカット。

結論として、この三途婆像の恐ろしい形相を見て、
“気が動転して自ら投げ入れてしまった”ということにしておこう。


  ebatom  2019年5月5日(日) 16:14 修正
10

  LMY  2019年5月5日(日) 18:29 修正
見ていないので何とも言えませんが、写真で見る限りおそらく場所のせいもあると思います。もしこれが動物園の猿山で起きた事件ならエバトムさんもそれほど奇妙に感じなかったのかもしれません。それか彼女は私と同じでカメラ嫌いだったとか(笑)。あと現在扉は何故かびくとも動かないのは単純に9年も経っているのでその間に管理人が修理、メンテナンスしたかもしれませんし雨、気候などの影響で木、石、土に何らかの変化が起きたかもしれません。でも科学,迷信を信じずにご自分が感じたことを信じたらいいと思いますよ!なんか名探偵になった気分(笑)。

 不思議です nori  2019年5月7日(火) 14:04 修正
何とも不思議な事ですね。
写真を見る限りでは、
格子の中へは、何か引っ張る力が働かないと入っていかないように思います。
極まれに、どう考えても合点がいかない事を経験することが私にもあります。
でも、そんな力がある方が良いかなとも思います。
結構、信心深いのかも知れません(笑)。

  ebatom  2019年5月12日(日) 8:40 修正
LMY様:お早うございます。

色々検証を有り難うございます。
こういう現象は自分が認めないだけで、結構頻繁に起こっているのかも知れません。
ある廃屋に入った時には、あの丈夫な三脚の足が折れたことも思い出しました。
そんな記憶は早く忘れてしまいたいです。(笑)

  ebatom  2019年5月12日(日) 8:52 修正
nori様:お早うございます。
お久しぶりです。お元気ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何とも不思議な事ですね。
写真を見る限りでは、
格子の中へは、何か引っ張る力が働かないと入っていかないように思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一瞬の出来事でしたので、しばらく放心状態でした。
職業カメラマンがカメラを手から離すなんて、聞いたことがありません。
今年の3月に幹線道路で激しく転びましたが、
カメラはフードとフィルターを壊しただけで済みました。
手に持っていたスマホは死亡しました。(涙)

 「蘭の誘惑」 ebatom  2019年4月21日(日) 7:43
修正
「蘭の誘惑」

初めて洋らんを観てきたが様々な種類があり、楽しめた。
カトレアは豪華で大きく、力強い色彩と共に濃密な芳香を放っている。、
この花の虜になる愛好家は多いと聞くが、
どことなく「おいで、おいで」をしているようで、
人を引き付ける魅力を感じるなあ。
これじゃ蜜壺を求めてやってくる蝶や蜂も堪らんね!

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:44 修正
01

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:44 修正
02

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:44 修正
03

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:44 修正
04

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:45 修正
05

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:45 修正
06

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:45 修正
07

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:45 修正
08

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:46 修正
09

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:46 修正
10

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:46 修正
11

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:46 修正
12

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:47 修正
13

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:47 修正
14

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:47 修正
15

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:47 修正
16

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:47 修正
17

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:48 修正
18

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:48 修正
19

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:48 修正
20

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:48 修正
21

  ebatom  2019年4月21日(日) 7:49 修正
22

  kan  2019年4月24日(水) 23:48 修正
カトレア・パフィオペディラム・デンドロビューム・シンビジュームに

蘭科はひきつけるものがありますね。かつては温室で数百鉢を育て、
公的な即売会でインストラクターとして話したほどでした。
諸般の事情で・・・止めました。温室はガラクタ入れです。
こういうのを見るとグサグサ刺さります。

  ebatom  2019年4月26日(金) 8:17 修正
kanさん、お早うございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カトレア・パフィオペディラム・デンドロビューム・シンビジュームに

蘭科はひきつけるものがありますね。かつては温室で数百鉢を育て、
公的な即売会でインストラクターとして話したほどでした。
諸般の事情で・・・止めました。温室はガラクタ入れです。
こういうのを見るとグサグサ刺さります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうでしたか。蘭は栽培するのが難しそうですが、こんな美しい花を咲かせてみたいですね。
種類も多く、ファンも多いのが頷けます。

 「赤い爪」 ebatom  2019年4月9日(火) 13:29
修正
「赤い爪」

遺体が燃やされて灰になる様子を眺めていた。
3時間も焼くと骨も残らない。
そのまま灰となって川に捨てられる。
骨壺もない、位牌もない、墓もない。
噴煙となって天空に上り、ただ昇華して無になるだけ。
肉体が消失してもなお救われるのは、
生死を絶え間なく繰り返す、という輪廻転生の宗教観だろうか。

足の赤いマニキュアを見て動揺した。
「僕ってバカじゃないの?ここで何やってんの?」
旅行者はいつでも透明なカプセルの中にいる傍観者に過ぎない。
映画のスクリーンでも眺めるように、現実を他人事としてやり過ごす。
逃げ出して帰る祖国もあれば、肉親や住まいもある。
しかし、ここでは愛する肉親を失ってしまった人達が悲嘆に暮れている。
燃やされて、どこかへ消えて行こうとする現実に、
真正面から立ち向かっていく姿は忘れることができない。

(閲覧注意:一部に刺激的な画像が含まれています。)

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:30 修正
01

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:31 修正
02

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:31 修正
03

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:31 修正
04

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:31 修正
05

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:32 修正
07

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:32 修正
08

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:32 修正
09

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:32 修正
10

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:33 修正
11

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:33 修正
12

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:33 修正
13

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:33 修正
14

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:34 修正
15

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:34 修正
16

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:34 修正
17

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:34 修正
18

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:34 修正
19

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:35 修正
20

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:35 修正
21

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:35 修正
22

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:35 修正
23

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:36 修正
24

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:36 修正
25

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:36 修正
26

  ebatom  2019年4月9日(火) 13:37 修正
27

  LMY  2019年4月9日(火) 22:39 修正
どうして灰を川に流すんですかね?家族の方遺灰欲しくないのかな?しかし人間って良くも悪くも現実を他人事としてやり過ごせるからこそ生きていけるんだろなぁ。

  ebatom  2019年4月10日(水) 7:29 修正
LMY様:お早うございます。
なんだか、また寒さが戻ってきて、冬物が必要になってきましたね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうして灰を川に流すんですかね?家族の方遺灰欲しくないのかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
故人の思い出を残しておくと、成仏できないと考えているのかも・・・
姿かたちが無くなっても、また生まれ変わるという教えだからね。
僕も全ての遺品を残さずに、完全に消えて逝きたいと思っているよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし人間って良くも悪くも現実を他人事としてやり過ごせるからこそ生きていけるんだろなぁ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうだよね、やっぱ身内以外なら他人事として同情するよね。
犬も身の危険が迫ったら、飼い主を置いて逃げる、と言われているよ。

  kan  2019年4月24日(水) 23:50 修正
死んだら後は生きているものの気持ちだけ、
諸行無常ですね。

  ebatom  2019年4月26日(金) 8:14 修正
kanさん、お早うございます。
なんだか梅雨のような雨降りになってきましたね。
ゴールデン・ウィーク大丈夫かな・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
死んだら後は生きているものの気持ちだけ、
諸行無常ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人間に寿命があるとはいえ、別れは辛いものですね。
気が滅入りながら立ち会ってきました。

 19'「Kathmandu」訪問記 ebatom  2019年4月1日(月) 16:38
修正
19'「Kathmandu」訪問記

野良犬が参拝者にチキンの骨を貰っている。
野生ザルはバナナやオレンジを祭壇から盗んでいく。
野良牛は点火材の麦藁を横取りして食べている。
鳩はお供え物の米殻に群がっている。
ヤギとカラスはゴミ捨て場がお気に入りだ。
ここにはそれを誰も咎める者などいない。
そうやってこの街は動物達と共存共生している。
この世界が人間だけのものでないことを誰でも知っている。

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:38 修正
01

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:38 修正
02

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:38 修正
03

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:39 修正
04

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:39 修正
05

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:39 修正
06

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:39 修正
07

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:40 修正
08

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:40 修正
09

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:40 修正
10

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:40 修正
11

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:41 修正
12

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:41 修正
13

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:41 修正
14

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:41 修正
15

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:42 修正
16

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:42 修正
17

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:42 修正
18

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:42 修正
19

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:43 修正
20

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:43 修正
21

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:43 修正
22

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:43 修正
23

  ebatom  2019年4月1日(月) 16:43 修正
24

  LMY  2019年4月1日(月) 23:54 修正
絡まった電線に絡まった髪の毛、この自由な感じがドストライク。カメラになれたら作品を撮りに行ってみたいなぁ。

    2019年4月2日(火) 8:04 修正
すばらしい 街の香りまで伝わってくる

  ebatom  2019年4月2日(火) 8:13 修正
LMY様、お早うございます。
4月なのになかなか暖かくならないですね。
お仕事は順調ですか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絡まった電線に絡まった髪の毛、この自由な感じがドストライク。カメラになれたら作品を撮りに行ってみたいなぁ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旅行記ですから、旅人の視線で感動を前面に出しています。
ネパールは文化も宗教も国民性も違うので、エキゾチックです。
いつか機会があったらご一緒しましょう。


  ebatom  2019年4月2日(火) 8:43 修正
暖様、お早うございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すばらしい 街の香りまで伝わってくる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここからヒマラヤ山脈を越えると、暖様のテリトリーじゃないですか?(笑)
カトマンズは人やバイクが多過ぎてイライラしますが、
田舎は長閑でトレッキングも楽しめました。
また訪問してみたい国の一つになりました。

  kan  2019年4月2日(火) 12:33 修正
凄く生々しいですね。生きている感じがします。
それにしても電柱の写真はなんとも言えません。
これでどれがどれとわかるのか、神業です。

  ebatom  2019年4月4日(木) 9:30 修正
kanさん、お早うございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
凄く生々しいですね。生きている感じがします。
それにしても電柱の写真はなんとも言えません。
これでどれがどれとわかるのか、神業です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当ですね、長い間かかって、こうなったのでしょう。
これで停電が起きないのが不思議です。

全 149件 [管理]
CGI-design